目安は2年間!いらない物を片付けよう!

引っ越しで一番大変なのは、片付けです。なぜならどんなに片付いて見える部屋でも、人が暮らしている生活用品一式を他の場所に移すとなると莫大な量になるからです。その為引っ越しが決まったら、まずは片付けを始めると良いです。使うかもしれないと取っておいた物や古くなった洋服、思い出の品等も、思い切ってリサイクルやゴミに出すのです。もったいないと思いがちですが、2年間使わなかった物を今後使う可能性はきわめて少ないと言う説があるので思い切って大丈夫です。

段ボール、梱包材、ガムテープは業者が用意します!

ある程度不用品の整理が付いたら、次は引っ越し業者を決めます。荷造りで使う段ボール、梱包材、ガムテープは業者が提供してくれるので、早くに決めれば決める程早い時期に荷造りを始められます。ハッキリとした引っ越しの日時が決まっていなくても、時期と次の地域が分かれば見積もりは可能です。早い時期に見積もりを取る事で沢山の業者を比べる事が出来るので、引っ越し費用を交渉しやすいと言うメリットもあるのです。業者を使わない人に関しては自分で段ボール等を用意する必要がありますが、運んでいる時に段ボールが壊れない為に新しい段ボールが望ましいです。

こうすれば後悔しない!荷造りの順番について!

業者が決まり段ボールが手にはいったら、いよいよ荷造りになります。基本的に荷造りは今と真逆の季節から始めるので、今が春であれば秋冬の衣服、イベント関係のグッズを梱包して段ボールを閉じます。その次はレジャー用品や普段使いの無い食器、料理器具等を詰めるのですが、この時にまだ使うかもと躊躇する人がいます。しかし引っ越し直前はバタバタと忙しいのでのんびりレジャー、料理の時間は確保しずらい為段ボールに入れて大丈夫です。そうして後は日常品のみと言う状態にしておくのが、余裕のある引っ越しに繋がります。

家の中をスッキリ片付けたいなら、不用品の回収を依頼する方法が最適です。トラックで駆けつけてくれますので、大量に片付けたい場合でも安心です。