適性を測るための適性検査

昨今の採用活動において、企業の人事担当者には面接だけでは見極めきれない応募者の適性が存在しています。応募者の適性が、募集している仕事や自社とアンマッチだったときに採用が失敗だったという結果をもたらします。そのため、採用の選考において、それらを事前に発見することが人事担当者としても採用の失敗を減らすことになり、その手段として昨今多くの企業で取り入れられて実施されているもののひとつに適性検査があります。

適性検査が普及している理由

最近の企業は終身雇用制が崩壊して、採用した人を定年まで育てるような研修を実施している企業が少なくなっています。その昔であれば、企業の新人教育担当者がどんな人材を採用してもちゃんと育てあげるようなことはありましたが、最近ではそこまで人材教育に企業が時間とお金をかけなくなっているので、採用の段階で適性が高い人材を選択する必要があり、適性検査の重要度も増してきています。そのような需要もあり、いろいろな企業が適性検査の提供をしています。

ミスマッチを防止する適性検査

応募した職種の経験がない人を採用しても、適性がとても合っていれば、入社して間もないうちから売上をあげる人がいます。しかし、適性がまったく合わないと何年間もその仕事をしているにもかかわらず成績が向上しない人もいます。これは仕事に対して向き不向きがあることをあわらしています。このような仕事に対する適性を採用のときに適性検査で判断することで、面接ではわからない適性を把握することができ、採用にミスマッチが発生する可能性を抑えてくれます。

最近の就職活動で切っても切れない関係にあるのは、やはり、門前払い機能をも持つ適性検査にあると言えます。