電気代を節約出来るのは当たり前!電気を売る事も可能

太陽光発電を導入するメリットの1つである「毎月かかる電気代を節約出来る」事は有名ですよね。日々太陽光発電で得た電気は自宅で使用出来ます。電気料金が値上がりした場合でも、電力会社から電気を購入していないので出費に影響が出ないとメリットもあるんですよ。逆に、発電して余った電気を買い取ってもらえるので、売電を行い家計の足しにしているといった方も多くいます。節約以外の面でも豊富なメリットがある事で太陽光発電を設置する方は増えています。

今太陽光発電を導入するメリットとは?

今さら太陽光発電を導入しても…と話題や注目を集めた時に乗り遅れた事で躊躇している方も多いですよね。しかし、常に高い需要がある太陽光発電は日々進化しているんですよ。年々初期費用が安くなっているといった特徴があり、従来より安く設置出来ます。それ以外にも、同じ面積の太陽光パネルでも最新の商品の方が太陽光を効率良く電気に変換しています。また、太陽光発電を取り扱っている会社が増えた事で、選択肢の幅が多いといった点も今太陽光発電を導入するメリットの1つなんですよ。

太陽光発電を導入する際の注意点とは?

豊富なメリットがある太陽光発電ですが、導入の際にいくつかの注意点も存在します。電気代の節約は問題ありませんが、売電価格が変動して下がってしまう場合もあります。その他の注意点として「補助金制度」が挙げられます。県や市町村が補助金制度を実施している場合は多くありますが、国自体の太陽光発電への補助金制度は2014年に終了しています。各自治体で金額や内容が異なっているので、設置前にしっかりと確認する事が必要になっています。

太陽光発電の価格は、その発電用のモジュールの発電量や、長期保障や、太陽光発電設置後のメンテナンス料などで決まるので、初期価格だけでなく、トータルコストで選ぶ必要があります。