不要品をオリジナルタッセルに

既製品のカーテンを買うと、カーテンと同じ生地で作ったタッセルがセットになっていることが多いですよね。カーテンとの統一感はありますが、もっとおしゃれにカーテンを楽しみたい時にはタッセルを変えてみましょう。おすすめは、使わなくなった服飾雑貨をタッセルにすることです。ネックレスやネクタイ、ベルトなど、細長い形状のものを選べば、特に加工することなく、すぐにタッセルとして使うことができますよ。お部屋の雰囲気に合うオリジナルタッセルをインテリアのアクセントにして下さいね。

リボンやレースでカーテンをアレンジ

シンプルなカーテンにちょっと飽きてきたという時には、カーテンにリボンやレースをプラスしてアレンジしてみるといいですよ。裾にレースを付けたり、淵にリボンを留めたりすることで、表情豊かなカーテンに変身することができます。リボンは、手芸用品店で購入してもいいですし、お店で商品を買った時にラッピングで掛けてもらったリボンを使うのも素敵ですよ。お気に入りのブランドのリボンを捨てられずに取っているという人はぜひ試してみて下さい。

ドイリー編みでカフェカーテンを作ろう

カフェカーテンを掛けたいと考えている人におすすめなのが、ドイリー編みをつないで作るカフェカーテンです。基本的にはかぎ針とレース糸があれば始められるので、ミシンを持っていない人でも気軽に挑戦できますよ。隙間時間に少しずつ編んで仕上げられるところも嬉しいですね。定番の白いドイリーをつないで作るのも素敵ですし、違う色の糸で編んだドイリーをポイントに入れてみるのもおしゃれですよ。手軽にできるDIYで、窓辺をより可愛く、愛着のある空間にしましょう。

ひもカーテンは家のパーテーションの役割をしたり、インテリアとしてもお洒落に演出が出来るアイテムとなっています。