最上部からの本文までの距離を把握

SEO対策を行うための検索エンジンは、最上部からの本文までの距離を把握しているとも言われているのです。本文までの距離が長過ぎれば、それだけ、不必要な内容に目を配る時間が長くなってしまいますよね。特に、広告などを貼り付ける場合は要注意です。大きな画像を扱ってインパクトを与えたい場合は、トップページのみに抑えておく事も大切かもしれません。ホームページに初めて訪れて目に入る場所は、ファーストビューと呼ばれているのです。ファーストビューに本文が見えるのが望ましいとも言われていまして、画像を扱う場合は意識する事もポイントですよね。

検索エンジンは、滞在時間を知っている

検索エンジンは、検索エンジンからホームページへ訪れた方の滞在時間を知っている可能性があるのです。検索エンジンから入って、再び検索エンジンに戻る時間が把握できれば、滞在時間をある程度把握する事が出来ますよね。もちろん、滞在時間が少なければ、質の悪いホームページだと判断されてしまいかねませんよ。本文の文章量を増やす方法もお勧めですが、目に止まりやすい場所に、別のページへのリンク先を設けておく事もお勧めです。

画像のオリジナルティについて知っている

SEO対策を行う場合は、オリジナルの姿が大切だと言われていますよね。これは、本文の内容以外にも画像についても同じ事が言えるのです。現在の検索エンジンは、画像検索を行う事も出来るでしょう。同じ画像が多く検索されてしまうと、検索エンジンの質が低下してしまいかねませんよね。どの様なシステムによって、取捨選択を行っているのか分かりませんが、画像の大きさを変えただけの様な姿は直ぐに見破られてしまいかねませんよ。フリー写真などを扱う場合は、そのまま扱うのはタブーです。フリー写真をそのまま扱う場合は、トーンやコントラストなどを微妙に変える事もお勧めのSEO対策ですよ。

ホームページ作成とSEOのシステムを重視するうえで、ニーズの高い業者のスタッフと打ち合わせをすることがコツです。